鼻中隔湾曲症の手術

鼻中隔矯正術(日帰り手術可能 )

鼻の左右の鼻を隔てる鼻中隔は、成長過程で歪んでしまうことがあります。鼻中隔の歪みはごく一般的に見られるもので、日常生活に支障をきたすような症状が現れていない方はそれほど心配する必要はありません。
ただし、鼻中隔の湾曲が大きく、鼻づまりなどの症状がひどくQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)に影響している場合には治療が必要になります。
手術による治療が必要となるのは、以下のようなケースです。
ひどい鼻づまりがある/よく鼻血が出る/口呼吸の癖がついている/睡眠時無呼吸が見られる/味覚・嗅覚に障害がある/脳への酸素供給不足による頭痛・偏頭痛がある/保存療法で改善が見られない/副鼻腔炎を併発している

手術では、湾曲している鼻中隔の軟骨を切除し、まっすぐに整えることで根本的な治療を行います。肥厚性鼻炎を併発している場合には、下甲介骨を一部削る「粘膜下下甲介切除術」、厚くなった粘膜を削る「鼻甲介粘膜切除術」も同時に行います。慢性副鼻腔炎の手術を同時に行うことがあります。
鼻中隔矯正術を含めたこれらの手術で、鼻の高さが変わったりすることはありません。鼻腔に手術痕が残りますが、傷が治癒すれば外からは全く分からなくなります。
鼻中隔の歪みは成長する過程で生じますので、16歳以上の方のみ受けていただけます。
なお当院では、局所酔下にて行う日帰り手術、もしくは全身麻酔による1泊2日の入院手術にて対応しております。手術の所要時間は、1時間程度です。

対象となる病状 鼻中隔湾曲症による鼻づまり。
対象年齢 16~60歳
意義 湾曲した鼻中隔を真っ直ぐにして、鼻づまりを解消します。
手術方法 鼻の穴から1cm程度入ったところを切開し、湾曲している軟骨と骨を取り除きます。
腫れた鼻粘膜を切る鼻甲介切除術(びこうかいせつじょじゅつ)も同時に必要になります。
麻酔方法 全身麻酔(希望により局所麻酔も考慮いたします。)
手術での危険性 ごく稀に鞍鼻があるとされています。
手術所要時間 1時間程度
入院日数 1泊2日
術後の外来通院 約4週間〔週2・3回(2週間)+週1・2回(2週間)〕

手術後の注意点

  • 術後4~7日間は鼻内に止血用のガーゼが入っています。
  • 入浴は4・5日目から可能です。
  • 飲酒、運動は2週間程度、禁止です。
  • 事務系の仕事は術後5日目から可能ですが、止血用のガーゼのため、鼻が詰まって腫れているので、外見上、見苦しくなります。

鼻中隔湾曲症の手術費用

鼻中隔湾曲症の手術 実質自己負担額
鼻中隔矯正術(片側) 60,000~90,000円

※実質自己負担額は、高額療養費制度を利用された一般的な所得<区分ウ>の方の概算金額です。所得によって異なります。また、入院期間・処置等によっても多少前後いたします。