子どものアデノイド肥大による手術

アデノイド切除術

「アデノイド」とは、喉の奥に位置するリンパ組織のことです。細菌の侵入を防ぐ役割を果たしていると言われています。
アデノイドは4~5歳頃にもっとも大きくなり(図5)、10歳を過ぎると次第に小さくなっていきます。アデノイドが大きい(肥大した)ままだと、鼻閉、口呼吸、いびき、滲出性中耳炎による難聴が引き起こされることがあり、そういった場合には切除手術が必要となります。
アデノイド切除術では、出血以外の危険性はほぼ見られません。当院では、全身麻酔下において、マイクロデブリッダーという特殊な器具を用い、安全に切除・吸引を行うことが可能です。扁桃摘出術と同時に行った場合でも、1時間程度で手術は終わります。ただし1泊2日かそれ以上の入院が必要となります。
口呼吸やいびきについては手術後数日で改善しますが、中耳炎や副鼻腔炎が起きている場合にはそちらの治療も行わなければなりません。

※扁桃摘出術について
アデノイド切除術と同時に行われることの多い手術です。目安として、年に4回以上扁桃炎を起こす場合には全身に悪影響を及ぼしている可能性が高く、手術にて扁桃摘出をすることをお勧めしております。

対象となる病状 アデノイドが大きく、鼻づまりや中耳炎の原因となっている場合。
対象年齢 3~6歳
意義 鼻のとおりをよくして、鼻閉やイビキ、中耳炎をなおします。
手術方法 口からアデノイド切除用の特殊なメスを入れて、アデノイドを切除します。
麻酔方法 全身麻酔
手術での危険性 稀に術後出血や一時的な開鼻声がでることがあります。
手術所要時間 15分程度
入院日数 1泊2日
術後の外来通院 約4週間〔週2・3回(1週間)+週1・2回(3週間)〕
備考・その他の注意点 稀ですが、術後1・2年で再び腫れることがあります。

手術後の注意点

  • 術後数日間は出血に対する注意が必要です。
  • 術後4・5日で、入浴、運動はできます。

子どものアデノイド肥大の手術費用

子どものアデノイド肥大の手術 実質自己負担額
アデノイド切除術 50,000~70,000円

※実質自己負担額は、高額療養費制度を利用された一般的な所得<区分ウ>の方の概算金額です。所得によって異なります。また、入院期間・処置等によっても多少前後いたします。