唾石症の手術

顎下腺唾石摘出術(日帰り手術可能 )

唾液腺の中、あるいは導管内部に唾石ができた状態を「唾石症」と言います。細菌槐や異物を核にして唾液中のカルシウムにコーティングされ、唾石が生じます。大きなものになると3センチを超えることもあります。ほとんどの場合、唾石は顎下腺に発生します。
食事中や食事をしようとしたときに、顎の下(唾液腺のある位置)が腫れ、激しい痛みが生じます。しばらくすると次第に症状が消えていく特徴があります。
小さな唾石の場合、開口部から自然に排出されることもあります。手術では内視鏡を使用し、唾液の導管内部にある唾石を摘出します。

対象となる病状 食事のたびにアゴの下が腫れて、唾石症と診断されている場合。
対象年齢 特に年齢制限はありません。
意義 唾液の出口にある石を取り除き、顎下腺を腫れないようにします。
手術方法 舌と歯の間にある粘膜を切開し、唾液管から石を取り除きます。
麻酔方法 局所麻酔(粘膜に麻酔の注射をします。)
手術での危険性 稀に舌のしびれがでることがあります。
他には特に問題となるようなものはありません。
手術所要時間 20分程度
入院日数 原則、外来手術です。半日入院となる場合もあります。
術後の外来通院 約4週間〔週2・3回(1週間)+週1・2回(3週間)〕

手術後の注意点

  • 術後数時間で食事ができます。当日の入浴は禁止です。
  • 4・5日間、飲酒や運動は控えめに。

唾石症の手術費用

唾石症の手術 実質自己負担額
顎下腺唾石摘出術 10,000円以内

※実質自己負担額は、高額療養費制度を利用された一般的な所得<区分ウ>の方の概算金額です。所得によって異なります。また、入院期間・処置等によっても多少前後いたします。