耳が痛い原因と治し方

耳が痛い原因

耳が痛い耳の痛みは、外からの音が脳に伝わるまでの間の各器官で異常が起きたときに発症するのが一般的です。

急性中耳炎:風邪などによる鼻づまりから起こることが多い急性中耳炎では、耳に強い痛みが生じます。小さなお子様の場合、夜泣きやぐずりがひどくなった、不機嫌な様子が続く、耳に触れられるのを嫌がる、といった行動は急性中耳炎を疑う必要があります。

外耳炎:耳の穴の入口付近から鼓膜までの間に炎症が起こり、痛み、腫れ、赤み、耳だれ、かゆみ、耳の詰まり、きこえにくいなどの症状が現れます。口を開けたときに痛んだり、睡眠が妨げられるほどの強い痛みを感じることもあります。

耳が痛い場合の診断と検査

診断と検査耳の痛みが現れる以前に風邪などにかかっていなかったか、耳を触ったりはしなかったかということを問診で確認します。お子様の場合は急性中耳炎の可能性が高く、特に3歳までに保育所などに預けられていた場合には重症化しやすかったり、繰り返しかかったりということが起こります。
また、外耳、鼓膜の状態を内視鏡などでよく確認します。外耳炎や中耳炎の特徴を鑑み、患者様ご本人や保護者様にいくつか質問をさせていただきます。
それでも異常がなければ、喉や顎の関節、首のリンパ節に炎症がないかどうかを確認します。
さらに、聴力検査をはじめ、細菌培養検査、血液検査など、耳や耳以外の病気の診断に必要な検査も行います。
これらのことを総合的に考慮し、診断します。

耳が痛い場合の治療法

急性中耳炎:抗生物質の内服、点耳薬による治療の他、鼓膜を切開して膿を取り除く方法を採ることもあります。

外耳炎:細菌検査を行った上で、適切な抗生物質や点耳薬を使用します。耳掃除でできるような小さな傷から炎症が起こることが多いので、治療が終わってからも注意が必要です。

耳から血(出血)が出る原因と治し方
耳鳴りの原因と治し方
めまいの原因と治し方
鼻が痛い原因と治し方
鼻づまりの原因と治し方
黄色い鼻水の原因と治し方
くしゃみが止まらない原因と治し方
声のかすれ&声が出にくい原因と治し方