アレルギー性鼻炎の手術

アレルギー性鼻炎の3つの手術

アレルギー性鼻炎は、体質的な疾患です。体質を薬や手術で変えることはできませんので、「手術でアレルギー性鼻炎が治る」という言い方は正確ではありません。
しかし、「手術によってアレルギー反応が起こりにくくする」「仮にアレルギー反応が起こっても症状(くしゃみや鼻水)として現れにくくする」ことは可能です。
「下甲介粘膜レーザー焼灼術」では、約8割の方に日々の生活に支障のない程度までの症状改善が見られます。
高度なアレルギー性鼻炎には、アレルギー発症と関わりのある神経を切断する手術「後鼻神経切除術」により、レーザー手術で十分な効果が得られなかった方でも改善が期待できます。この手術により9割以上の方が効果を実感され、また少なくとも3年以上の効果持続が見られます。
また、症状の原因が、アレルギー性鼻炎の他に鼻中隔の湾曲や鼻の内側の構造にもあると認められた場合には、鼻中隔矯正術や粘膜下下鼻甲介骨切除術を同時に行うこともあります。
患者様の症状の程度、原因によって、適切な治療法を選択することが重要です。

  1. 下甲介粘膜レーザー焼灼術
  2. 後鼻神経切除術+粘膜下下鼻甲介骨切除術+鼻中隔矯正術
  3. 後鼻神経凍結手術

下甲介粘膜レーザー焼灼術

粘膜を焼いてアレルゲンに反応しにくくすることで、アレルギーの発症を抑える効果が期待できます。
炭酸ガスレーザーで鼻の粘膜を薄く焼く方法は20年以上前から広く利用されており、焼かれた粘膜は3~4週間程度で抗原の侵入を防ぐようになって腫れにくい粘膜へと変わります。粘膜下のアレルギーに反応する細胞の減少も、症状緩和に役立っていると考えられています。
手術により症状が以前の半分以下となる確率は8割の患者様で確認されており、スギをはじめとする花粉症に関しても、ステロイド点鼻薬以上の効果が報告されています。
手術中の危険や手術後の後遺症はなく、痛みと出血もほとんど見られないため、日帰り手術でも安心して行うことができます。
なお、手術は局所表面麻酔(痛み止めの薬を染みこませたガーゼを鼻の穴に入れる)のみで、手術に要する時間は、局所表面麻酔を含めて15~30分程度です。手術直後に鎮痛剤を服用されるのは2~3人に1人程度の割合で、その使用期間も当日のみであることがほとんどです。
手術後2~3日間は軽い火傷の状態が続くため鼻汁(鼻血が混じることも)が多く出ますが、次第に治まります。火傷はゼラチンのような形態を経てかさぶたとなりますが、1ヶ月が経過する頃には通常の粘膜が再生します。

対象となる病状 アレルギー性鼻炎で頑固な鼻づまりのある方
花粉症の症状が出る前に予防治療として
対象年齢 10歳(小学5年生)以上
意義 はれた粘膜を高周波メスで焼いて減量し、鼻づまりを楽にします。
鼻粘膜の表面積が減るので、鼻水にも多少効果が期待できます。
手術方法 鼻の穴から高周波メスを入れて、粘膜に接触させ、通電して焼きます。
麻酔方法 局所麻酔。鼻の中に麻酔液をつけた綿花を入れるだけです。
約15分で効きます。注射を打つ麻酔ではありません。
手術での危険性 手術での危険性 1週間程度は鼻づまりが悪化します。
鼻血が少し出やすい状態になります。(約1ヶ月間)
手術所要時間 3~4分間で完了です。
入院日数 入院は必要ありません。外来で行います。
術後の外来通院 約4週間〔週1・2回(4週間)〕

手術後の注意点

  • 極力、鼻をかまないように。飲酒、運動は1週間程度控えめに。
  • 入浴は鼻血が出なければ、手術当日からOK。

後鼻神経切除術+粘膜下下鼻甲介骨切除術+鼻中隔矯正術

鼻の粘膜でアレルギー反応が起こると、知覚神経を中継して下甲介から脳に伝えられ、くしゃみを引き起こします。と同時に、分泌神経が反応して鼻水が出ます。また、アレルギー反応ではなく、冷気などの刺激によってくしゃみ、鼻水が出ることもあります。
これら過敏になった神経を切断して症状を抑える方法は、数十年前より行われていました(ヴィディアン神経切断術)。ただ当時は内視鏡がないため、歯ぐきを切開し、顔の骨の一部を削るという過程を経ねばならず、手術そのもの、また身体へのダメージは大きなものでした。また涙を分泌する神経も同時に切断する必要があったため、眼の乾燥といった後遺症を残すこともありました。
これらの問題を解決する方法として開発され、また当院も行っているのが「後鼻神経切除術」です。内視鏡を用いることで、くしゃみと鼻水を引き起こす神経を鼻の中で切断し、それらの症状を抑制します。身体へのダメージは最小限であり、涙を分泌する神経を傷つけることもありません。
さらに当院では「後鼻神経切除術」に「粘膜下下鼻甲介骨切除術」を組み合わせております。粘膜下下鼻甲介骨切除術では下甲介の骨を粘膜から剥離・除去し、後鼻神経と蝶口蓋動脈を同時に切断します。下甲介骨の除去は、鼻腔の拡大となり、鼻づまり緩和の高い効果が確認されています。下甲介の粘膜下で治癒の過程で瘢痕が形成されるため、アレルギー反応も抑制されます。粘膜表面はほとんど傷つきませんので、傷も早く治ります。多くの場合には、鼻閉改善効果の高い鼻中隔矯正術と一緒に行います。

後鼻神経凍結手術

「後鼻神経凍結手術」とは、後鼻神経を冷やして変性させる手術です。粘膜の剥離や神経の切断は行いません。当院では、アレルギー性鼻炎や冷気への過敏から起こる鼻水に対して、下甲介粘膜焼灼術と組み合わせて日帰り手術として行います。
局所麻酔下にて、粘膜の上から後鼻神経を冷却します。両側合わせて5~6分で終わる処置です。出血・腫れなどが起こることはほとんどない安全な手術です。合併症や機能障害、嗅覚への影響の心配もありません。お子様や処置への不安が強い方などには、全身麻酔下で行うことも可能です。
効果の確実性・持続性といった面では神経切断術に劣りますが、症状が軽度の方、ある季節に限定的に症状が現れる方などには、後鼻神経凍結手術で十分な効果が得られることも多く、有効な手段と言えます。

アレルギー性鼻炎の手術費用

アレルギー性鼻炎の手術 実質自己負担額
下甲介粘膜レーザー焼灼術 約10,000円
後鼻神経切除術 90,000~110,000円
粘膜下下鼻甲介骨切除術 70,000~100,000円
後鼻神経凍結手術

※実質自己負担額は、高額療養費制度を利用された一般的な所得<区分ウ>の方の概算金額です。所得によって異なります。また、入院期間・処置等によっても多少前後いたします。