花粉症(アレルギー性鼻炎)・舌下免疫療法

花粉症(アレルギー性鼻炎)

花粉症(アレルギー性鼻炎)の原因

原因花粉症は、スギなどの花粉(抗原)が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。特にスギ花粉症は冬の終わりから春にかけて、毎年、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状で多くの人を悩ませています。日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の症状

まず花粉症の初期症状としては、一般的に「鼻詰まり」「クシャミ」「目の痒み(流涙)」があげられます。

これは花粉が体内に入ると人の体は花粉を追い出そうとし、その状態がクシャミだったり涙が出るといった症状になります。
第二症状としては、鼻詰まりにより鼻呼吸が難しく口呼吸をした場合に口から花粉が入ってしまい、喉に障害が出る症状などがあります。咳が止まらなかったり、喉がイガイガするなどです。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の検査

検査主な検査内容として採血をして血液中のIgE抗体の値によって様々なアレルギーを特定します。

※IgEとは、免疫グロブリンの1種で血や組織液の中に存在します。
喘息や花粉症などのアレルギーを引き起こす抗体を指します。
検査には2種類あり、血中の総IgE量を調べる検査と、花粉などに反応する特異的IgEを調べる検査があります。

花粉症(アレルギー性鼻炎)の治療・手術

対症療法

対症療法は主に点眼薬や点鼻薬、または内服による治療になります。
これは症状を緩和させるのを目的としたもので、花粉症の時期のみに服用するものです。
また眠気などの副作用が起こる可能性もあります。
レーザーで鼻の粘膜を焼くレーザー治療もありますが、これは一時的な治療と言われてます。

アレルゲン免疫療法

減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因となるアレルゲン(花粉)を少量から投与することで体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法で、根治療法として期待されています。
これまでは皮下注射による皮下免疫療法が行われてきましたが、傷みを伴い、その都度通院していただく必要がありました。これに対し経口の投与による舌下免疫療法は自宅での服用が可能なため、患者さんの負担を軽減する新たな治療法として注目されています。
※治療は2~3年の長期にわたり、花粉飛散前からの開始が必要となります。

舌下免疫療法

スギ花粉症の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、アレルギーの原因となっているアレルゲンを少量から投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげたり、日常生活に与える影響を改善するなどの効果が期待されます。

これまでのスギ花粉症に対するアレルゲン免疫療法は皮下に注射する「皮下免疫療法」だけでした。しかし、最近では、アレルゲン免疫療法の研究が進み、舌の下に治療薬を滴下する「舌下免疫療法」のおくすりが登場しました。

スギ花粉症とは

スギ花粉症とは花粉症とは、植物の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状をおこす病気です。
スギ花粉が原因(アレルゲン)となるものを、スギ花粉症といいます。

スギ花粉症の診断

スギ花粉症は、問診と、皮膚テストや血清抗体検査などの検査結果から総合的に診断します。

どんな治療方法ですか?

アレルゲン(スギ花粉)を含んだ薬を口に含み、舌の下から吸収させます。徐々に濃度を高め、身体を慣らすことで、症状を緩和する治療法です。

期待できる効果

長期にわたり、正しい治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。症状が完全におさえれらない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。
※全ての方に効果が期待できるわけではありません。

副作用はありますか?

アナフィラキシー反応(じんましん、腹痛、息苦しさ、ショック)等の危険性が稀にあります。

誰でも受けられますか?

中学生以上、65歳未満という年齢制限があります。気管支喘息、悪性腫瘍、免疫系の病気、β遮断薬服用中、妊娠・授乳中などの方はこの治療は受けられません。

舌下免疫療法をご希望の方へ

舌下免疫療法をご希望の方へ舌下免疫療法をご希望されるスギ花粉症患者さんは、ぜひ医師にご相談ください。