最新NEWS 一覧

2017.04.19

一生懸命というスキル

医療法人hi-mexスタッフの大道知美です。

新年度になり1ヶ月をむかえようとしています。
新入学、新入職の方々は少しずつ緊張感がほぐれてきているでしょうか。

この時期によく思い出す言葉が「一生懸命というスキル」

子供の頃に思いっきり走ったり、思いっきり自転車をこいで競争したり、ブランコを思いっきりこいでより高く・・・と毎日毎日一生懸命遊んだことが楽しい記憶として残っています。
ですが大人になるにつれて、一生懸命しても評価されないとか、一生懸命することがカッコ悪いとか、一生懸命しても意味が無いとか、一生懸命に対する価値をだんだん下げてしまいます。
そして、理由や目的がないと一生懸命やってはいけないと思うようになり、「適当」や「無難」の割合が多くなってしまう・・・

私も言うまでもなくそのひとりでした。社会人になりたての頃は、余計なことをしないとか私に関係ないことはしないと考えていました。もしその考えのまま成長していたら、いまこの場でこのような文章を書くことなんてあり得なかったでしょう。
ですが、あるとき先輩から「一生懸命する、というスキルがあるよ」と教わりました。

『一生懸命することで次にすることが見えてきて、それはスキルアップとなり幅ができてくる。そして、それはおもしろみにつながる。一生懸命するというスキルは一生モノになるよ』

風が吹き抜けていったようでした。
そして徐々に一生懸命する楽しさを価値あるものと思えるようになりました。

なにごとも一生懸命取り組む姿勢は輝いてみえます

最近の話ですが、あるイベントで私の思いを具現化してたくさんの方々にお話するという役目をもらい、そのために一生懸命取り組んだことがありました。
それは頭の中に浮かんだ言葉を紙に書き出して整理し、私の思いは何なのか、どう表現すれば伝えることができるのかを考えたことです。何度も何度も考え、周囲の方にもアドバイスをいただきながら2ヶ月間ほど過ごした結果、イベント当日はその成果を発揮することができました。
そしてたくさんの方々に賞賛いただき、あこがれの方からも「あなたのプレゼンは本当によかった!」とお言葉をいただきました。一生懸命向き合って取り組んでよかったと思った瞬間でした。

「一生懸命というスキル」
このスキルをひとつ身につけているだけでも、自分の世界が変わる。仕事も人生も。
この言葉が応援メッセージになれば嬉しいです。