最新NEWS 一覧

2017.02.17

楽しまないともったいない!かけがえのないものを得る道のりを歩む

医療法人hi-mexスタッフの大道知美です。

昨年行われた当院の15周年記念パーティは、ゲストの方々やスタッフも大満足し、盛大なうちに終わりました。その舞台裏ではスタッフの企画立案や入念な打ち合わせ、そしてパーティを盛り上げるカテゴリーが満載だったからだと自負しています。

当院はなぜこんなイベントをしているのでしょうか?

もちろん普段からお世話になっている方々へ感謝の気持ちを表すことがメインですが、それと同じくらい重要な目的があると思っています。

それは、スタッフのスタッフによるスタッフのためのイベントであるということです。
企画や準備を通して、自ら考えて行動し貴重な経験を積み、普段の仕事だけでは味わえない達成感を得ることでスキルアップできる機会になっているのです。

例えば、書類のコピーをとるといった業務のように、頭を使わずに行う業務と同じように淡々とこなしていてはスキルアップの機会は活かされていません。
仕事に限らず、何事も「気」が入らないとおもしろくないし楽しくないように、自分の考えや感情、信念、思い、このような個人個人の「気」が発揮される場となり、スタッフ同士で交わし合って切磋琢磨するからこそ、最後に「みんなでひとつのものを作りあげた」「やり遂げることができた」「私にもできた」という達成感が得られるのだと思います。

また、チームとして活動するので、仕事中のチームワークとは少し違った価値が存在します。苦手なパソコンを得意な人と一緒に扱うことによってパソコン技術が自然と上がったり、普段はよく頼られる人が逆に頼ることで分担という選択肢を得ることができたりと些細なことかもしれませんが自分自身の気づかない面や知ろうとしなかった面をみることだってあるのです。
こういう経験から成果を積み上げていくことで自分のキャパは広がり、結果、スキルアップした自分が存在するのです。
そしてそれはまた仕事をする上で大いに活かされることになるのです。
だから、楽しんで取り組まないともったいないのです。