声のかすれ&声が出にくい

声のかすれ&声が出にくい場合に考えられる原因

声がかすれたり、声が出にくい原因には、下記が挙げられます。

声のかすれ&声が出にくい

急性喉頭炎:喉頭(のど仏)の粘膜に炎症が起こることを喉頭炎と言い、中でも風邪などのウイルスや細菌に感染したことで起こる炎症を、「急性喉頭炎」と言います。風邪の他、カラオケや応援などでの声の出しすぎ、アレルギー反応、喫煙、飲酒などでも起こります。

声帯ポリープ:喉に負担をかけすぎたとき起こる内出血によってできた良性の腫瘤を「声帯ポリープ」と呼びます。喉の使いすぎ、喫煙が主な原因です。ものを飲み込みにくくなることもあります。

声帯結節:声帯ポリープと同様、声帯にできる良性の腫瘤です。内出血は見られず、摩擦によって固くなった状態です。喉を長期間酷使し続けることで発生します。

声帯麻痺(反回神経麻痺):声帯を動かす筋肉をコントロールする神経を「反回神経」と言い、この神経が麻痺することを「声帯麻痺(反回神経麻痺)」と言います。横に2つ並んでいる声帯の、片方だけが動かなくなることと、両方が動かなくなることがあります。両側が動かなくなると、呼吸困難に陥るケースも見られます。
原因不明のものの他、肺がん、大動脈瘤、脳卒中、感染、神経疾患、外傷などを原因としているものもあります。

声帯萎縮:主に加齢を原因とし、声帯が痩せ、弱っていく症状です。定年退職などで急に喉を使わなくなったことで、声帯萎縮が進む場合があります。

喉頭がん:喉頭(のど仏)のがんです。60歳以上、男性に多いがんです。主な原因は喫煙やアルコールの長期的・継続的な刺激とされ、喉頭がんの9割は喫煙者の方だというデータもあります。

声のかすれ&声が出にくい場合の検査

声のかすれや声が出にくい症状に限らず、喉の異常でもっとも注意が必要なのは悪性腫瘍です。
ファイバースコープ、超音波エコー検査などで腫瘍の有無を確認し、その後、良性・悪性の診断を行います。
また、喫煙や飲酒、お仕事などで喉を酷使されているかどうかを確認する問診も大切です。

声のかすれ&声が出にくい場合の治療法

声がかすれたり、声が出にくい場合の治療法について、それぞれの原因に合わせて、下記を行います。

声のかすれ&声が出にくい症状の治療法

急性喉頭炎:大声を出すこと、喫煙、飲酒、香辛料の摂取などはできるだけ控え、部屋の湿度を調整(60~70%)しましょう。水分補給も大切です。治療では、解熱鎮痛剤、粘膜の炎症を抑える薬の服用などを行います。

声帯ポリープ:初期のものであれば、声を出すことを控えていると自然治癒することもあります。ひどい炎症が起こっている場合には、炎症を抑える薬の服用、ステロイド薬の吸入などを行います。それでも効果が不十分な場合には、手術でポリープを切除することもあります。
治癒後、発声方法の見直しなどを行うことで、再発を防ぎます。

声帯結節:声帯を安静に、つまり声を出すことを控えれば自然治癒するケースもあります。結節が大きくなってしまった場合には、手術で結節を切除します。

声帯麻痺(反回神経麻痺):一度機能を失った神経の修復は、現代の医学においても非常に難しいのが現状です。片側の声帯が動かない場合(片側声帯麻痺)には、発声練習、声帯へのコラーゲンや自家脂肪の注入などである程度の回復が期待できます。両側の声帯が動かない場合(両側声帯麻痺)、のど仏に穴を開けてシリコンを注入する「甲状軟骨形成術」、声帯後方の軟骨の角度を調整する「披裂軟骨内転術」などの外科手術で回復を目指します。
ただし、反回神経麻痺は、甲状腺腫瘍、肺がん、食道がんなどを原因として起こることもあり、その場合には原因となっている病気を優先的に治療します。

声帯萎縮:加齢が主な原因であるため、ボイストレーニングで声帯を正しく、強く使えるようにすることで症状の改善が期待できます。コラーゲンや自家脂肪を注入することで声帯の厚みを取り戻し、機能を回復させることも可能です。ただし、手術後には音声治療(声帯を観察しながら声を出す等、声帯を正しく使う方法を身につける治療)が必要となります。

喉頭がん:早期に発見された場合、放射線療法による発声機能を温存した治療が可能です。ある程度の進行が見られる場合には、再発のリスクを鑑み「喉頭全摘術」を行うのが一般的です。声帯も摘出されますので、声は失われますが、声帯の代わりに食道を使って声を出す食道音声、電気喉頭を使った代用音声という方法もございます。
また、近年では放射線療法と化学療法(抗がん剤投与)を組み合わせて、喉頭を残した治療の研究・実践も進んでおります。

耳から血(出血)が出る
耳が痛い
耳鳴り
めまい
鼻が痛い
鼻づまり
黄色い鼻水
くしゃみが止まらない