最新NEWS 一覧

2019.03.29

老木医院の院長が語るアレルギーの話 その6

老木医院の院長、老木浩之です。 今回は、薬の治療です。

近年、新しい薬が開発され、薬の選択肢が広がっています。 貼付薬といって体に貼り付けるタイプの薬も登場しています。

これは、効果の持続時間が比較的長いという利点と飲み薬のように一気に血中濃度が上がらないので眠気が出にくいという利点もあります。 飲み薬でも最近、新薬が開発されていますので、今までアレルギーの薬を眠気で敬遠していた人も試してみるといいかもしれませんね。

点鼻液もかなり有効な治療です。現在、主流となっている点鼻液はステロイド点鼻液といってホルモン剤です。 ステロイドは内服薬の場合は長期の服用で様々な副作用が出る可能性のある薬ですが、点鼻の場合は長期の使用でもほとんど副作用の心配がないといわれています。


今回はここまで。次回は免疫療法と手術を御紹介します。

アレルギーの話 その1はこちらから
アレルギーの話 その2はこちらから
アレルギーの話 その3はこちらから
アレルギーの話 その4はこちらから
アレルギーの話 その5はこちらから
花粉症について詳しくはこちらから