最新NEWS 一覧

2019.04.08

「耳だれ」って聞いてことありますか?

老木医院の副院長、田邉牧人です。
皆さんは、「耳だれ」って聞いてことありますか?「耳じる」とも言います。


耳の穴から汁(あるいは膿)が出てくる、これを耳だれと言います。
耳だれの原因は大きく分けて2つあり、外耳炎の場合と中耳炎の場合とがあります。
まれに、脳のまわりの水(髄液)が出てくることがありますが・・・。これは今回は気にしないでください。

外耳炎は、耳の穴(鼓膜の手前)の皮膚に炎症(=皮膚炎、かぶれやただれ)がおこり、痒み・痛みから悪化すると耳だれが出てきます。
中耳炎は、鼓膜の奥にある中耳で炎症がおこり、たまった膿が鼓膜を突き破って外に流れ出て来ます。これも耳だれです。

つまり耳だれの原因は、鼓膜の手前に原因がある場合(外耳炎)と、鼓膜の奥に原因がある場合(中耳炎)とがあります。
従って治療の方法もそれぞれで少し違います。

外耳炎の治療は皮膚の炎症を直接抑えるために、点耳液での治療が主となることが多く、ひどいときは内服も併用します。
一方、中耳炎の治療は鼓膜の奥の炎症を抑えるために、内服の治療が主となることが多く、補助的に点耳液を併用することもあります。

同じ耳だれという症状でも、原因によって治療が違ってくるんですよね。

耳から血が出た時の対応についてこちらから

外耳道炎や中耳炎についても解説しています