鼻中隔湾曲症

鼻中隔湾曲症とは

鼻の左右の穴の間の壁(鼻中隔)が曲がっており、かつ鼻づまりや嗅覚障害など、日常生活に支障をきたす症状が現れている状態を「鼻中隔湾曲症」と呼びます。
多少の湾曲は誰にでもあることで問題ありません。風邪、アレルギー性鼻炎ではないのに鼻づまりがある、という方は一度耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。

鼻中隔湾曲症の原因

鼻中隔を構成する3つの骨「鼻中隔軟骨」「篩骨正中板」「鋤骨」は、成長するスピードが微妙に異なり、左右に曲がって形成されることがよくあります。結果、鼻中隔が曲がってしまうので、お子様に鼻中隔湾曲が認められることはほぼなく、通常は成人後に気づきます。

鼻中隔湾曲症の症状

もっともよく見られる症状は、鼻づまりです。その他には、頻繁に鼻血が出る、嗅覚障害、味覚障害、頭痛、肩こり、ひどい鼾やくしゃみなどが挙げられます。
また鼻づまりによって口呼吸の習慣が身についてしまうことから、集中力の低下なども指摘されています。
症状が進行すると、鼻の中の通気性の悪化により菌が繁殖しやすい環境へと変わり、副鼻腔炎が引き起こされるケースもあります。

鼻中隔湾曲症の検査

医師による鼻中隔の観察、内視鏡による検査、鼻づまりの程度の計測、また場合によってはCT検査などを経て診断します。慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などの合併症がないかどうかも確認します。

鼻中隔湾曲症の治療・手術

鼻中隔湾曲症は、骨・軟骨の形態のバランスの問題を原因としていますので、根本的な治療のためには手術が必要です。
「鼻中隔矯正術」と呼ばれるこの手術では、鼻の穴から挿入した器具で、鼻中隔の軟骨を切除し、真っ直ぐになるよう整えます。慢性副鼻腔炎を合併しているケースではそちらの手術も同時に行うことがあります。
手術後は、スポンジを摘めて鼻中隔軟骨を補強すると同時に、粘膜を修復します。
また、この手術は成人の方でなければ受けられません。鼻中隔をはじめとする顔面の骨格が未完成の状態では、その後の骨の成長に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

※なんらかの理由により手術が受けられない場合には、薬を使って一時的に症状の緩和することも可能です。ただし、長期間の薬の使用は逆に症状を悪化させるリスクがありますので、あまりお勧めできません。薬による対症療法をご希望の方は、定期的に診察を受けていただき、その経過を注意深く観察する必要があります。