急性中耳炎

急性中耳炎とは

鼓膜の裏側の空間(中耳)において、細菌・ウイルス感染によって起こる炎症のことを指します。
風邪などをきっかけにした上気道の炎症から連鎖的に発症することがほとんどで、プールやお風呂で水が耳に入ったことから発症するのは稀なケースです。
耳管が太く短いお子様は容易に細菌の侵入を許してしまうので、大人に比べて発症しやすく、急性中耳炎に何度もかかってしまうことがあります(反復性中耳炎)。特に、痛みや症状を言葉にして訴えることのできない小さなお子様は、なかなか発症に気づけないケースも見られます。

中耳に膿が溜まってしまうと鼓膜が破れ、膿が外に流れてきます。(耳だれ)

放置していると「滲出性中耳炎」「慢性中耳炎」へと移行することもありますので、しっかりと完治させることが重要です。

急性中耳炎の原因

風邪にかかったときなど、鼻や喉にいる細菌・ウイルスが、耳管を通して中耳へと感染することが主な原因です。感染した中耳が炎症を起こすと、急性中耳炎となります。
一般的によくきかれる「プールやお風呂で耳に水が入った」ことによる急性中耳炎は、実際にはあまり見られません。

急性中耳炎の症状

症状耳の痛み、耳だれ、きこえづらさ、発熱などの症状が現れます。
乳幼児のお子様の場合、言葉や動作で周りの大人が気づくことは難しく、ぐずり、夜泣きなどが急にひどくなったり続くようですと、急性中耳炎を疑う必要があります。
また、乳幼児のお子様が、色の濃い鼻水を伴う発熱をされたときには、念のために耳鼻咽喉科を受診されることで、急性中耳炎の早期発見・早期治療へとつながります。

急性中耳炎の検査

問診により症状の種類・程度・時期を確認し、鼓膜の診察をした上で診断を行います。
「反復性中耳炎」や「難聴性中耳炎」が疑われる場合には、耳だれ・上咽頭の菌の培養などを行うこともあります。

急性中耳炎の治療・手術

急性中耳炎の治療は、大きく「保存的治療」と「鼓膜切開術」の2つに分けられます。

保存的治療

比較的軽度の場合、お薬による治療が主体となります。抗生物質の内服、点耳薬などを使用することで、1週間程度で症状が治まります。ただし、その時点ではまだ炎症は残っていますので、処方されたお薬は、指定された期間、きちんとお使いください。

鼓膜切開術

強い耳の痛みや発熱が続く場合、保存的治療だけでは十分な効果が期待できない場合には、鼓膜切開術による治療を行います。鼓膜のごく一部を切開し、中耳内の膿を取り除きます。切開した鼓膜は、1週間程度で自然治癒します。