声帯麻痺(反回神経麻痺)

声帯麻痺(反回神経麻痺)

声帯麻痺.JPG声帯は扇形をしており、喉仏の位置に横に2つ並んであります。よく知られているように、声を出すためのものであり、また飲み込んだものが気管へ入ることを防ぐ役割を果たしています。
この声帯が動かしている神経を「反回神経(迷走神経)」と呼ぶのですが、ここに麻痺が起こると、声帯が正常に機能しなくなり、声がかすれたり、また声を出せなくなったりといった症状が現れます。この状態を、声帯麻痺(反回神経麻痺)と言います。声だけでなく、呼吸や飲食時の嚥下にも悪影響を及ぼします。
片側の声帯だけが動かない「片側声帯麻痺」と、両方の声帯が動かない「両側声帯麻痺」に分類されます。

声帯麻痺(反回神経麻痺)の原因

中には原因不明のものもありますが、主に肺がん、大動脈瘤、脳卒中、感染、神経疾患、外傷などが原因として挙げられます。
上記した原因により、声帯を正しく機能させるための神経が麻痺し、声や呼吸、嚥下に悪影響を及ぼします。

声帯麻痺(反回神経麻痺)の症状

声のかすれ、小さな声しか出ない、声の裏返り、声が出しにくい、喉の痛み、咳、咳払いが増える、息切れ、嚥下の困難、喉の乾燥といった症状が現れます。
両側声帯麻痺の場合、呼吸困難を起こすこともあります。そうなると、気管切開術が必要となります。

声帯麻痺(反回神経麻痺)の検査

ファイバースコープを使用して、声を出したときの声帯の状態を確認し、診断します。

声帯麻痺(反回神経麻痺)の治療・手術

神経の麻痺が自然に治ることがありますが、この自然治癒の可能性は発症から6か月以内とされており、それ以降の自然治癒による神経機能の回復は期待できません。
片側の声帯が動かない場合(片側声帯麻痺)では、発声練習、声帯へのコラーゲンや自家脂肪の注入などである程度の回復が期待できます。両側の声帯が動かない場合(両側声帯麻痺)、のど仏に穴を開けてシリコンを注入する「甲状軟骨形成術」、声帯後方の軟骨の角度を調整する「披裂軟骨内転術」などの外科手術で回復を目指します。

ただし、反回神経麻痺は、甲状腺腫瘍、肺がん、食道がんなどを原因として起こることもあり、その場合には原因となっている病気を優先的に治療します。