慢性副鼻腔炎(蓄膿症)・鼻茸

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)とは

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)とは、顔や頭の骨の中に形成された副鼻腔と呼ばれる空洞に生じる炎症です。

副鼻腔は、副鼻腔換気排泄路と呼ばれる狭い交通路を介して鼻腔と連結しており、正常な副鼻腔は空気で充たされています。しかし換気排泄路がうまく機能せず副鼻腔に空気が入りにくくなると、副鼻腔内に炎症をきたします。この状態が慢性化したものを蓄膿症と呼びます。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の原因

黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などの細菌や細菌の作る毒素が病態形成に大きく影響します。鼻のなかにある副鼻腔の換気と排泄の通路が粘膜のはれにより閉じてしまうことが主因と考えられています。
一方、気管支喘息を伴う慢性副鼻腔炎は特殊で、これとは異なった病態を示します。細菌感染も重要ですが、それとは別に気管支喘息の発作を起こすものと同じものが副鼻腔でもつくられ、副鼻腔炎をさらに重症化していると考えられます。そのほか、アレルギー性鼻炎に慢性の副鼻腔炎を伴う場合があり、アレルギー性副鼻腔炎と呼ばれます。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の症状

鼻汁が絶えず出てきてよく鼻をかむ、鼻が常につまっていて、口で呼吸をしている、いびきをかくなどの症状が持続します。両側に症状が現れることが普通です。そのほか、鼻汁(びじゅう)がのどにまわる(後鼻漏(こうびろう))、においがわからない、頭痛などの症状が現れます。気管支喘息を伴う慢性副鼻腔炎の場合はにおいがわからなくなることが頻繁にみられます。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の検査

検査専門医が鼻をのぞいてみると、鼻汁や鼻茸を認めることが多くあります。鼻茸が認められたら、慢性副鼻腔炎の可能性が非常に高くなります。慢性副鼻腔炎の診断には画像検査が必要です。ほとんどの場合に副鼻腔の陰影を見つけることができ、慢性副鼻腔炎と診断できますが、正確な診断をするにはCT検査が必要になります。
症状のよく似たものにアレルギー性鼻炎があります。慢性副鼻腔炎には、アレルギー性鼻炎と同様に鼻汁や鼻閉感(びへいかん)がありますが、アレルギー性鼻炎にみられる鼻の掻痒感(そうようかん=かゆみ)やくしゃみを伴わないので見分けがつきます。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の治療・手術

通院治療

耳鼻咽喉科専門機関で定期的に鼻・副鼻腔にたまった鼻汁をきれいに取ってもらいます。細菌感染に引き続いて発症する慢性副鼻腔炎には、マクロライド系抗菌薬を少量ずつ、長期に使用すると有効な場合が多く認められます。

手術

通院治療を数カ月行っても効果がないか、効果が不十分な場合には、内視鏡を使用した鼻内副鼻腔手術が行われます。慢性副鼻腔炎は、手術後の治療をおろそかにすると再発することがあるので、手術後にも耳鼻咽喉科専門医で診てもらうこと、手術前から使用していた薬を手術後も続けることが重要です。

鼻茸

鼻茸とは

鼻茸など、鼻内にデキモノができる鼻茸は、鼻の内側の粘膜が一部ふくらみ、鼻腔内に垂れさがったものです。キノコのような形をしているためこの名前がついていますが、鼻ポリープとも呼ばれます。
大きいものでは親指大ほどにもなり、また複数できることがあります。そうなると、鼻腔の入口から見えるようになります。
鼻茸は、慢性副鼻腔炎に付随する症状でもあります。

鼻茸の原因

上顎洞(頬の下の骨の洞穴)、篩骨洞(目と鼻の間の洞穴)などの粘膜が炎症を起こし、白くふくらんで、鼻茸を形成します。
また、慢性鼻炎、蓄膿症の方に多い傾向があります。

鼻茸の症状

鼻茸により鼻腔が狭まることで、鼻づまり、嗅覚障害、頭痛などの症状が見られます。その二次的な症状として、鼻呼吸が減り、口呼吸の癖がついてしまいます。

鼻茸の検査

検査アレルギー性鼻炎、気管支喘息の合併、アスピリン過敏症の有無を問診にて確認します。
内視鏡などで鼻茸の有無とその状態を観察し、診断します。

鼻茸の治療・手術

鼻茸は、薬で小さくすることもできますが、完治のためには手術が必要となります。
局所麻酔をした上で鼻茸を切除します。30分程度の手術です。入院の必要もありません。
手術後は止血用ガーゼを鼻に詰め、約1週間後に抜き出します。