最新NEWS 一覧

2020.05.13

新型コロナウイルス感染拡大防止のための当院の対応について

今般の新型コロナウイルスの情勢を踏まえ、当院では様々な感染防止策を講じております。

しかし、これらの対策を行ったうえでも尚、感染していた方の来院の可能性を完全にゼロにすることは難しいというのが実情です。

といいますのも、私たちは医療従事者として、発熱等の症状を含む耳鼻科疾患でお悩みの患者様に医療を提供する使命があります。また、コロナウイルスの最前線で戦う感染症指定医療機関がパンク状態にある中で、私どもクリニックの存在意義が高まりつつあるとも感じています。

一人でも多くの耳鼻科疾患でお悩みの方に良質な医療を提供し、日本の医療の一端を担って参りたいと思います。そのうえで、万が一感染された方が当院を受診されても院内感染が発生しないように、細心の注意をもって以下の対策を行っております。

ここでは当院の取り組みの一部をご紹介いたします。

院内全体の対策

・院内各所の高頻度での消毒

定期的にドアノブ・椅子・手すりなど、院内の除菌・消毒を行っております。

・院内の高頻度の換気

診察時間内は定期的に換気を行っております。

・外来・入院の動線の分離

外来診療部門の入り口と、手術・入院でお越しの患者様の入り口を別に設け、動線を分けることで患者様同士の接点を減らしています。

・医師・スタッフの感染予防の徹底

医師・スタッフは毎日の検温などを行い、感染対策を行っています。

外来診療部門での対策

・受付カウンターに飛沫防止シートを設置

受付カウンターに飛沫防止シートを設置

受付カウンターに透明のシートを設置し、受付の際の飛沫による感染を防止しています。

・患者様間の感覚の確保

患者様のグループごとに椅子一つ分間隔を空けていただくなど、ご協力をお願いしております。

また、お車で来院の方には車内でお待ちいただくのを推奨しております。

手術・入院部門での対策

・手術時に個人用防護具(PPE)を着用

感染予防のため、ガイドラインに則って、個人用防護具(PPE)の着用を徹底し安全に努めております。

手術時に個人用防護具(PPE)を着用
個人用防護具イメージ

当院医師・スタッフ一同全力で感染拡大防止に努めてまいります。ご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。