慢性中耳炎の手術(鼓膜形成術)※日帰り手術可

大阪和泉市の老木医院では慢性中耳炎に対して、「鼓膜形成術」による治療を行なっております。鼓膜形成術は日帰り手術も可能な術式です。

鼓膜形成術

慢性中耳炎の手術

日帰り手術での鼓膜形成術は、局所麻酔にて行います。

手術開始と同時に、耳介後部へ局所麻酔を打ち、鼓膜閉鎖のための素材として皮下組織を採取します。

穿孔縁を切り取り新鮮化した後、適切な形状に整えられた皮下組織を中耳腔に挿入し、鼓膜穿孔を裏打ちし、穿孔を閉鎖します。

接着をより確実に行うため、中耳腔内に1~2週間で溶解する素材を入れたり、鼓膜と皮下組織を血液由来の接着剤(フィブリン糊)で固定するなどの方法をとります。

対象となる病状 奥に炎症はなく、鼓膜の穴だけが残っている状態。
対象年齢 特に年齢制限はありません。
意義 耳の穴からする手術なので、傷が小さくて済みます。
手術方法 耳の後ろを2cmほど切開し、皮下組織を採取します。
耳の穴からその皮下組織を入れて、鼓膜の穴を塞ぎ、手術用の糊で接着します。
麻酔方法 局所麻酔(局所麻酔が無理なら全身麻酔。)
手術での危険性 皮下組織がはがれ落ちて、穴が残ることがあります。
手術所要時間 1時間程度
入院日数 半日~1泊2日
術後の外来通院 約4週間〔週2・3回(2週間)+週1・2回(2週間)〕

症状によっては入院が必要な「鼓室形成術」を行います。

手術後の注意点

手術の2日後から仕事は可能ですが、運動は1ヶ月後以降です。

手術費用

手術室

慢性中耳炎の手術 実質自己負担額
鼓膜形成術 90,000~110,000円

※実質自己負担額は、高額療養費制度を利用された一般的な所得<区分ウ>の方の概算金額です。所得によって異なります。また、入院期間・処置等によっても多少前後いたします。

手術をご検討中の方

手術する病院・クリニックをお悩みの方は

以下のページにて手術する病院・クリニックを選ぶ際のポイントを解説しております。よろしければご一読ください。

手術のご相談はこちらよりお問い合わせください